千葉県松戸市 馬橋1806-101  定休水曜日
馬橋駅東口より歩いて4分  松戸,柏,流山からのアクセスも良好
電話にて予約可 ℡047-700-5948  電話受付 8:10 ~ 19:00
馬橋駅東口より歩いて4分 ℡047-700-5948

自律神経失調症の治療論

このページでは自律神経失調症の考え方や治療効果について記載しています。
自律神経失調症というのは自律神経が乱れ(失調) 、 器質的(物質的)な変化ではなく、機能的な変化によって、様々な症状、不定主訴が起こる症状です。機能的な変化というのは周りに理解されづらい部分が多い為、一人で苦しむことが多い症状だといえます。
よく見られる症状として、頭痛、めまい、食欲不振、多汗、不眠症、頚肩のコリ、腹痛や便秘といった胃腸症状、手足の冷え、倦怠感、イライラ、微熱、鬱様症状などの精神症状などなど他に挙げれば切りがないぐらいなのですが、どれもこれも自律神経の機能が狂えば容易に起こる症状です。

まずは自律神経失調症の自律神経の部分に触れていきます。ここを理解するしないでは症状の考え方がまるで違ってきます。
自律神経というのは、交感神経と副交感神経の2つに分類されていて、交感神経というのは主に活動時に働く神経で、興奮や緊張を催す神経です。
副交感神経というのは主に休息時に働く神経で、消化・吸収・排泄や身体の修復を行う神経と言われています。こういった働きを持つ自律神経がどこから発生し、どこへ伸びていってるか理解することで、どういった症状が起こりうるのかをまず理解できるかと思います。

自律神経

上の図が自律神経がどこへ分布しているのか描かれたものなのですが、簡潔に言えばほぼ全部の臓器、部位に分布していると言えます。中枢神経と呼ばれる脳、延髄、脊髄から伸び、臓器などの部位へ伸び、働きをコントロールしています。
仕事をしている時、何かと対峙している時など、多少の緊張感が必要な場合は交感神経が働き、食後休みや就寝前などのリラックスした時間では、副交感神経が働きます。その際に実際どういった反応をするのかは下の図を参考にしてください。

自律神経の働き

この様な反応が起こるのですが、交感神経は何かと戦っている時をイメージすると解りやすいです。
相手をシッカリ目で捉える為に瞳孔は開き、身体に酸素をよりスピーディに送る為に気管は開き、咄嗟に反応できるように各筋肉へ血液を十分に送る為に心臓の拍動は速くなり、少しでも身体を守れるように固くしようと皮膚は縮み、毛は逆立ちます。緊張感があれば汗はジトーッとかきますし、食べ物の消化や排泄というのはしている場合ではありません。
この様な反応をするのが交感神経のイメージです。副交感神経はこれと逆と思えば大丈夫です。交感神経というのは基本的に臓器への負担を増やすものが多く、一時的な機能は上がりますが疲れやすい身体を作っているともいえます。

自律神経失調症というのは、こういった交感神経や副交感神経が偏って働くことで、その作用に順じた症状が次々に引き起こされます。
そして現代で圧倒的に多いのが、交感神経が強くなることで起こる自律神経失調症です。身体の興奮状態、緊張状態というのが上手く解除できないという方が多くなっています。
何故こんなことになってしまうのかですが、単純に交感神経のスイッチを入れてしまうものが世の中に溢れているからです。一番身近な物で言えば蛍光灯などの電気です。人間含め、動物には一日の中で交感神経が優位になる時間帯、副交感神経が優位になる時間帯があります。
交感神経は朝、昼などの外が明るく活動をする様な時間帯に優位になり易く、副交感神経は夜などの暗く、主に休息をする時間帯に優位になり易いです。
この様な自然の摂理に順じた身体の反応があるのですが、蛍光灯などの明るい光刺激を夜に感じると、身体は勘違いを起こし、昼の活動する時間帯の状態になります。つまり休息するべき時間帯に身体は活動的になり、緊張をしてしまうということなんです。パソコンやスマートフォンなども同様に明るい画面を近距離で見ていれば、眼から入った光刺激によってあっという間に緊張してしまいます。

緊張した状態、交感神経が優位になった状態というのは、先にもいったように臓器に負担を掛けやすい状態とも言えますので、休むこともままならないし、飲食物の消化なども満足に行えません。これが日常的になれば身体は悪い意味で学習し、この時間帯も交感神経を優位にする。というのを勝手にし始めます。
そうなれば一日中緊張が続き、自然と疲労感も溜まり、倦怠感から始まり、お腹の中に飲食物が残っている時間が長い分、食欲不振なども起こります。心拍数が日頃から高く、汗もかきやすいスイッチが入っていますので、多汗といった周りより汗をかき易い状態になったり、変に逆上せて微熱気味であったりします。

自律神経失調症の機序というのはこういったものが基本になります。
薬ならばこれらの症状に対してそれぞれの効用を持ったもの処方します。
しかし、緊張を解いたり、自律神経の偏りを戻す訳ではありません。緊張を解くというよりは筋肉を弛緩させる事を考えたり、自律神経の偏りによって起こる症状をひたすら誤魔化し続けるのが薬物療法になります。

では鍼灸で何ができるのかですが、鍼灸にはまずリラックス効果があります。これは自律神経失調症を改善させるには必須ともいえるもので、身体の緊張を解き、リラックスした状態を覚えさせることで、本来の在るべき状態へ近づけることができます。
何故リラックス効果があるのかと言われると説明が難しいのですが、鍼灸による刺激というのは侵害刺激と呼ばれ、身体は侵害刺激を受けた所を修復しようと血流を増大させます。緊張して硬い部分というのは基本的に血流が滞っている為、血流が増大するというのは、それが解消され、本来の状態に戻ります。つまりこれによって硬さと一緒に緊張が解け、全身に施せばリラックス効果を得られるということになります。
ただ大切な事として理解して頂きたい事が、ここでリラックスを覚えても、また緊張することを身体に覚えさせては意味がありせん。あくまでキッカケを作った上で、休むべき時に休む。夜更かしをしない。できるだけ太陽の動きに順じた行動をする。こういった事をしばらく守って頂かなければいけません。
これだけはまずご理解の程宜しくお願い致します。

首や肩の怠さ、固さを取るだけで自律神経失調症でよく見られる頭痛やめまい、イライラムカムカといったものにも効果がありますので、肩こりを強く感じる方などは頚椎症胃腸症状が気になる方はそちらについてもお読み頂ければ、辛い症状の改善に役立つかと思います。

自律神経失調症一口メモ

最後に自分で自律神経をコントロールする方法をお伝えしておきます。
西洋医学では自律神経はコントロール出来ない物として教えられますが、そんなことはございません。ちゃんとコントロールする方法はあります。
難しい事ではなく、ただの呼吸です。呼吸を出来るだけゆっくり行うことで、身体というのは副交感神経が働いているものと勘違いし、スイッチをそちらへ切り替えていきます。
まずはこれでどれだけ改善するかを試してみるのもありだと思います。